その他色々

その他色々の情報ページです。
プーケットはタイで最大のリゾート地。タイで最大の島であり、一つの県を成している。その面積は約224平方キロ。プーケットの人口は約17万人。ちなみにサムイ島はタイで3番目に大きな島。

数十年前までは、バックパッカーだけが訪れる秘島だったプーケットは、その海の美しさから人づてに認知度が高まり、今ではプーケットは東南アジアを代表するリゾート地となった。

日本に於いても知名度の高いプーケットだが、プーケットにはアジア系の旅行者だけでなく、世界中の様々な国から旅行者がやって来る。観光客に人気の主なリゾートは、プーケット西岸に集中している。パトンビーチや、カタビーチがプーケットで最も人気のあるエリアだ。プーケット西岸のビーチは、アンダマン海に面しているが、アンダマン海は海水の透明度が高いことで知られるインド洋に開けている。

プーケットの県庁所在地は、プーケットタウン。プーケットタウンはプーケットの東岸中央付近に位置する。観光の中心はパトンビーチやカタビーチのある、プーケット西岸だが、島の行政機関はプーケットタウンに集中している。

世界的リゾート地であるプーケットの開発には、タイ政府が力をいれており、島のインフラ整備などは、タイの他のエリアよりも進んでいる。プーケットにはきちっと舗装された複数車線の道路が島を巡っているので、車を借りて島をグルッと回ったりすることも、あまり違和感なく行える。
プーケットにはバラエティーに富んだ、ホテルがある。1泊1000円程度の格安宿から、1泊5万円の高級ホテルまで、幅広い要望に応えることができるのは、規模の大きなリゾート地ならでは。プーケット西岸のホテルからは、アンダマン海に沈む美しい真っ赤な夕陽を見ることが出来る。
透明度の高いプーケットの海では、様々なマリンスポーツを楽しむことができる。ジェットスキーや水上スキー、パラセイリング等は主要なビーチで楽しむことができる。カタビーチ等では、オンシーズンには海水の透明度が高くなるので、ビーチからシュノーケリングを楽しむことも可能だ。
プーケットから、少し足を伸ばすと、更に美しい島々を訪れることができる。周辺では、ピピ島やカイ島、ラチャヤイ島等に日帰りツアーで訪れることができる。その中でも景観の美しさで知られるピピ島は、最も人気のある島。プーケットからはスピードボートで約45分。有名な“マヤベイ”の景観は素晴らしく、是非見てもらいたい場所だ。ピピ島周辺の浅瀬には、サンゴや熱帯魚が豊富で、シュノーケリングやダイビングには最適の環境だ。
ダイビングに関してはサムイ島周辺では、タオ島が有名だが、プーケット周辺で最も人気のスポットは、ラチャヤイ島だ。ラチャヤイ島は、プーケットから南に30キロほど南下した場所にある島。ラチャヤイ島はビーチの美しさでも知られる島で、ビーチの砂は、ピュアホワイトと呼ばれる程に白く美しい。ラチャヤイ島の周辺は海も透明で、オンシーズンに見られる、ピュアホワイトの白砂のビーチと、コバルトブルーの海のコントラストは、息を呑むほど美しい。
ラチャヤイ島周辺では、体験ダイビングの初心者~上級者まで、全てのレベルのダイバーがダイビングを楽しむことができる。

→ほうぼう屋プーケット店
→プーケットダイビング情報
→ピピ島シュノーケリング情報
→ピピ島情報
スポンサーサイト